ホーム > お知らせ

お知らせ

院長ブログ更新しました。『平成31年2月、手術なし。子宮体がん見つかる』~軽井沢星野リゾート新ホテルBEB5に泊る~(2019年2月28日

※①住所 ②年齢、出産回数

■子宮体がん見つかる

平成31年2月18日(月)
①千葉県流山市
②61歳、2回経産婦
平成30年12月25日(火)、平成31年1月25日(金)より、それぞれ7日間性器出血ありと来院。
閉経後の性器出血。直ちに子宮内膜試験ソーハ術行う。
内容多量、体がんを強く疑い病理組織検査へ。
平成31年2月20日(水) Endometrioid carcinoma という結果が届きました。

症例数は少ないものの悪性の症例が多々あり、注意して診察にあたらないといけないと感じています。

 

~軽井沢星野リゾート新ホテルBEB5に泊る~
平成31年2月6日(水)
日本経済新聞朝刊に『星野リゾートは5日、主に若者を顧客層とした新ブランド《BEB5(ベブファイブ)軽井沢》を長野県軽井沢に開業しました。…既に4,5月の大型連休はほぼ予約で埋まっている。』という記事を見つけました。
秋に新聞のちらしに日光霧降の大江戸温泉の宿が入り、行ってみようと考えていましたが、BEB5に変更しました。

平成31年2月11日(月・祝)
NHK朝ドラを見た後、新聞を読み、医院を出て大宮へ。
10:22 あさま大宮発、11:21 軽井沢着、あさま鉄道にて中軽井沢へ。

同ホテルのオープニングスタッフ募集と軽井沢新聞平成30年11月号に広告が載り、既に知っていました。
今度行ってみて、設計は○○と聞きましたが記憶に残らず、地元の竹花工業㈱が建築施行したと聞きました。
評判が良いようです。

また地元の同新聞に、中軽井沢《創業1955年新宿スカラ座》の広告を見ていて行きました。
雑煮とコーヒーを2杯頂きました。
中軽井沢駅に午後2:00に仲間と待合わせていましたが、携帯電話があり、当店にて合流しました。

徒歩にてホテルへ。チェックイン。署名もなく、ITにて手続き。ルームキー受取る。
荷物を置いて《トンボの湯》へ。結構混んでいる。

星野の最終バスにて中軽井沢へ。
1台満員、2台目になりました。

さらに歩いてイタリア料理《ラ・パッキア》へ。
シェフは群馬県南牧村の生まれ。
パッキアサラダMサイズ、水だこのカルパッチョ、ゴルゴンゾーラ、ペペロンチーノ、ピッツアビスマルク。
生ビールを飲み、赤ワイン《シグロ・デ・オロ / メルロー》(チリ産)。
お腹一杯。デザート2種類、2人で分けて食す。いずれも美味しい。料金10,000円程。

タクシーにて帰る。
中庭、テラスには薪のグリルがあり、火にあたりながらコーヒーを飲む。
一緒になった人が、家族連れ、某社の取材に来たということです。
新聞、テレビ、雑誌に星野リゾートについて肯定的なものばかり目につき、やや酔った勢いも手伝って、否定的な感想を述べておきました。
例えば、部屋が狭くて2階になっていておでこをぶつける。
内側から外に出る所にはクッションが付いているものの、反対にはないこと。
両側に付けておけばいいのにとか、言い出すとあるいは止まらなかったかもしれません。

平成31年2月12日(火)
朝ドラ見たあと、タクシーにて中軽井沢へ。
8:56 あさま軽井沢発、9:46 大宮着。早々に帰院できました。

足立区に住んでいた頃、軽井沢は決っして近い所ではないという感覚でした。
東武野田線川間駅からすると、極めて近い場所になりました。
『ちょっと郊外に行ってきます。』という感想です。
また気が向いたらふらっと出かけ、ラ・パッキアにて食事し、一泊してくるということはいい事だと想っています。

 

【参考サイト】
BEB5(ベブファイブ)軽井沢

創業1955年 新宿スカラ座(中軽井沢)

トンボの湯

イタリア料理《ラ・パッキア》
 

 

平成31年2月28日(木)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂