ホーム > お知らせ

お知らせ

院長ブログ更新しました。『平成30年12月、手術1例(新生児頭大の巨大筋腫、本人の強い希望により腹式子宮全摘術一横切開)』~そして忘年会~(2018年12月31日

※①住所 ②年齢、出産回数 ③初診から手術まで ④手術時間など

■腹式子宮全摘術一横切開
【症例Ⅰ】

①千葉県柏市
②46歳、未婚、未産婦
③1年前より下腹部腫瘤感と性器出血あり、1ヶ月前、近隣大学病院受診。
子宮が大きい、CT検査、手術した方が良い、但し手術は6ヶ月後と言われる。50歳くらいの男性医師。
平成30年11月7日(水)スマホにて当院知り受診。
友人から当院の膣式手術について聞いていた。
1年前東京渋谷笹塚から柏へ。新生児頭大の巨大子宮筋腫、職業、歌手。
下腹部縦切開では発声におなかに力が入らず、是非、横切開にしてくれという。
検査結果異常なし、Hb 11.6g/dl 。
平成30年12月21日(金)入院、12月22日(土)手術。
麻酔下、本人の強い希望により横切開。
子宮底に大きな筋腫あり、これをメス、クーパー剪刀及び電気メス、さらにミオームボーラー、
明石式双鈎鉗子2本にて半核出し、子宮を腹腔外に出せた。
型のごとく円靭帯狭鉗切断結紮、附属器を残し、膀胱剥離、子宮後面剥離、子宮動脈狭鉗切断結紮、子宮摘出。
膣断端連結縫合、後腹膜縫合、腹腔内よく清拭、出血ガーゼなど遺残なきことを確かめ、閉腹し術了える。
縫合糸はすべて吸引性の丸針付バイクリルを使用する。
平成30年12月30日(日)退院。
④摘出物1,400g 、出血量577ml 、術直後のHb 9.1 g/dl 、鉄錠剤持たせ退院させる。手術時間2時間3分。

膣式子宮全摘術において、恩師 辻 啓先生が半摘出法を示してくれました。
『最大径が膣管を通過しなければ手術は了らない』とおっしゃっていて、実行してくれました。
その時、何かひどくおもしろかったことを想い出します。
これを腹式手術に応用してみたまでの事ですが、視野は広いものの、物が大きく力が要りました。
縦切開では下腹部に力が入らないというのは、迷信ではないかと考えますが、
横切開で出来たのは嬉しい気持ちが残ります。

 

~忘年会~
医師会の忘年会は欠席。

平成30年12月11日(火)午後6:00 神田神保町《揚子江菜館》。
当院の集客のほとんどはインターネット、スマホによるものと考えています。
従って、世話になっている2社3名と忘年会。
飲み放題の特別メニュー。同店のピータンと北京ダックは初めて食しました。
中国風陶器に入った紹興酒とビール。酒もまわり、お腹も一杯。
最近経験した症例から感じたことを小さなことまで発言、皆よく聞いてくれ最新のものになりました。

二次会《ミロンガ》。
ビール、ウィスキーそしてタンゴ。楽しい時間を過ごせました。
閉店にて別れ、終電一つ前の電車にて帰れました。午前様。

平成30年12月30日(日)午後1:30
《珈琲工房 山ぼうし》にて《米国製バーモントキャスティング社の薪ストーブ》にあたりたいと思い、
東武鉄道系の不動産会社の社員と2人きりの忘年会。
彼はビール小瓶5-6本、こちらは同1本とスコッチウィスキー《マッカラン》ストレート2杯、それにチーズの盛合わせとナッツ。
3時間ほど過ごす。
薪ストーブの暖かさが何といっても一番のご馳走。

およそ30年前、数億円の借財をかかえ四苦八苦していた頃、
南栗橋の営業所に行き『会津高原高杖原に土地はないか』と聞いたのが彼との出会いでした。
例えば雪の《会津駒ケ岳》を小屋から見ながら、ウィスキーを飲む様子などを空想していました。
結局同地には土地を求めず、軽井沢に落ち着きましたが、正解だったと考えています。

 

【参考サイト】
膣式子宮全摘術 恩師 辻 啓先生

揚子江菜館

ミロンガ(神保町)

珈琲工房 山ぼうし

米国製バーモントキャスティング社の薪ストーブ

スコッチウィスキー《マッカラン》

会津駒ケ岳

 

平成30年12月31日(月)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂

お知らせ
月別のアーカイブ
2020年5月 (1)
2020年4月 (1)
2020年3月 (1)
2020年2月 (1)
2020年1月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (1)
2019年10月 (1)
2019年9月 (1)
2019年8月 (1)
2019年7月 (1)
2019年6月 (1)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (1)
2019年2月 (1)
2019年1月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (1)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年8月 (1)
2018年7月 (1)
2018年6月 (1)
2018年5月 (1)
2018年4月 (1)
2018年3月 (1)
2018年2月 (1)
2018年1月 (2)
2017年12月 (1)
2017年11月 (1)
2017年10月 (1)
2017年9月 (1)
2017年8月 (1)
2017年7月 (1)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (1)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2017年1月 (1)
2016年12月 (2)
2016年11月 (1)
2016年10月 (1)
2016年9月 (2)
2016年8月 (1)
2016年7月 (1)
2016年6月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (2)
2015年12月 (1)
2015年11月 (1)
2015年10月 (1)
2015年9月 (1)
2015年8月 (1)
2015年7月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年2月 (2)
2015年1月 (2)
2014年12月 (2)
2014年11月 (1)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (3)
2013年12月 (1)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (1)
2013年8月 (2)
2013年7月 (1)
2013年6月 (1)
2013年5月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (1)
2013年2月 (1)
2012年12月 (1)
2012年8月 (1)
2012年5月 (1)
2011年7月 (2)
2011年5月 (1)
2011年4月 (2)