ホーム > 院長ブログ

院長ブログ

平成26年8月 子宮脱手術4例、子宮筋腫膣式手術1例手術する。その中に比較的大きな筋腫(540g)合併子宮脱あり。 ~電車とバスを乗り継ぎ、益子に出かける~

●平成26年8月 子宮脱手術4例、子宮筋腫膣式手術1例手術する。
その中に比較的大きな筋腫(540g)合併子宮脱あり。
~電車とバスを乗り継ぎ、益子に出かける~

※①住所 ②年齢、出産回数 ③初診から手術まで ④手術時間など

■子宮脱
【症例Ⅰ】

①千葉県千葉市
②49歳、経産2回
③平成25年12月、市の子宮ガン検診、近隣医に子宮筋腫の診断。その後、膀胱が下がっていると気になり、 同医にてペッサリー2回入れるものの抜けてしまい、パソコンにて当院知る。
平成26年6月26日初診、子宮筋腫手拳大、合併子宮脱。主に膀胱瘤の診断。
8月8日入院、8月9日手術。今年一番の大物、心して手術するも案外楽に摘出できた。8月19日退院。
④手術時間57分。摘出物540g、出血量338ml。

【症例Ⅱ】

①埼玉県さいたま市
②70歳、経産2回
③1年半前、子宮脱に気付き近隣医を受診。同医にて診断、ペッサリー入れるもその数ヶ月後再び出てきてサイズ大のものに変える。
当院紹介され、平成26年6月22日初診。子宮脱の程度は軽。
8月8日入院、8月9日手術、8月19日退院。
④手術時間41分、摘出物90g。やりやすい症例。

【症例Ⅲ】

①千葉県柏市
②79歳、経産3回
③2年半前、市の内科検診にて便潜血反応(+)、大腸検査にて異常なし。婦人科受診、子宮脱の診断、ペッサリー入れる。
平成25年11月30日に当院にて手術をした知人から聞いたと、平成26年7月27日初診、完全脱。
8月15日入院、8月16日手術、8月26日退院。
④手術時間30分、摘出物50g。やりやすい症例。

【症例Ⅳ】

①山梨県身延町
②79歳、経産2回
③平成24年12月29日に当院にて手術をした柏市の女性と娘さんが知り合いであったことから、平成26年6月17日板橋に住む娘さんより電話あり。その後、数回電話のやりとりをし、予定より1日早く8月21日(木)午後2時来院、初診にて完全脱と診断。
そのまま入院。8月23日(土)手術、9月1日(月)退院予定。
④手術時間40分、摘出物40g。やりやすい症例。

■子宮筋腫
【症例Ⅴ】

①千葉県野田市
②45歳、経産2回、ともに当院にて出産済
③ガン検診にて毎年〈子宮筋腫〉の診断。今回手術するという。
平成26年8月15日入院、8月16日手術、8月26日退院。
④子宮の下がり具合がやや悪いものの問題なく術進む。手術時間25分。摘出物150g、出血量92ml。

 

■札幌における『産婦人科開成会』において、すっかりお世話になった南 邦弘先生に、御礼として陶器を贈ろうと益子に出かける。
例年8月1日~15日『向月窯 黒﨑 邦敏 展』があり、その間の最初の日曜日には、毎年外来終了とともに車で出かけていたが、今年は運転する人が都合がつかないという。

8月5日(火)春日部、栃木乗り換え、東武宇都宮線、東野バスと、今流行りのローカル線電車と路線バスの小さな旅。
午前8時に出て、午後5時過ぎには帰れた。

前回、折越窯の電子レンジに使えるタジン鍋の評判が良い。『取っ手が少し壊れたがまだ使える』と言っていた。
今回、その鍋と黒﨑さんの草いろの淡い緑のマグカップ(大、中各1個)、グラタン皿(中2枚)、小皿(4枚)を送る。
展示会が始まって5日目なのに気に入った器が残っていたのは幸いであった。
 

【関連サイト】
『向月窯 黒﨑 邦敏 展』
http://dbfactory.exblog.jp/20777746/

『益子焼 折越窯 タジン鍋(蒸しレンジ鍋)』
http://www.otsuka-konai.co.jp/



平成26年8月31日(日)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂