ホーム > お知らせ

お知らせ

院長ブログ更新しました。『平成30年11月、手術なし』~産婦人科開成会出席、3連休の初日軽井沢に1泊、そして新しいパソコン入手~(2018年11月30日

~産婦人科開成会出席~
平成29年6月3日(土)軽井沢にて産婦人科開成会開催。
その翌日、皆ゴルフを楽しんだ時、たまたま開成出身の小児科の先生方と一緒になり、次回は小児科産婦人科合同開成会開催ということになりました。

平成30年11月11日(日)午前11:00 学士会館。
前日電話があり、早く来院するよう勧めると午前9:00受診。従って30分くらい遅れる。
『子宮内環境と子宮外環境が、児のDNAに及ぼす変化について』『理想の出産』という演題が講演されました。
今までの会に比べアカデミックな内容になった気がしました。小児科の出席者多数。

会終了後、南 邦弘君と神保町駅へ。
駅前の喫茶《さぼうる》の前の中華料理店から出火、消防車多数待機。
《ミロンガ》にてコーヒーを飲み別れる。

~3連休の初日軽井沢に1泊~
平成30年11月23日(金・勤労感謝の日)
8:18 はくたか大宮発、8:59 軽井沢着。
一本前のあさまに乗り遅れ、はくたか自由席は満員。デッキにて立ちっぱなし。
家族が駅まで迎えに来てくれた。皆、風邪気味ということで外出するのは控える。

かみさんと、薪、食料等を買い出し。
スーパーツルヤの手前のイタリアンレストラン《パッキア》にて昼食。
ペペロンチーノ、ピッツア大、食す。おいしい。

平成30年11月24日(土)
早朝に駅まで送ってもらい、7:14 あさま軽井沢発、7:58 大宮着。
8:46 川間着。9:00 からの外来に間に合いました。
高崎にてほぼ満席、平日だったらどうなのでしょうか。

~新しいパソコン入手~
平成30年11月29日(木)
5年前に購入したパソコンが全く動かなくなり、3台目入手。
スピーカー付き、音楽が聴けるようになりました。

昭和50年後半、東銀座松竹セントラル劇場にて、はじめて映画《Uボート》を観ました。
その後、膣式手術に没頭し、思わね出血、他臓器の損傷などに遭遇しました。
その時、この映画の映像と音楽にどれくらい勇気づけられたことでしょうか。

例えば、出港のシーン、別れの歌《ムシデン Muss i den》
荒海のなか敵艦が急速に近づき潜航、激しい爆雷、艦長の『まさか見えたのかなあ』という発言、
幽霊のヨハン、艦長の『gut gut』というねぎらいの言葉、艦長室にてひとり聴く女性歌手の唄声、
ジブラルタルの海底から奇跡的に浮上し、母港に帰還する際の敵国の《ティペラリーソング》の大合唱、

そして帰った港における式の最中、敵機による攻撃により多くの搭乗者が亡くなるラストシーン。
『着いたぞ!お天とう様はすぐだ』という声とともに流れる半音下った行進曲。

この女性のリナ・ケッティ Rina Ketty 《J'ATTENDRAI 待ちましょう》、
そして《Erzherzog Allbrecht Marsch》。
ささやくような優しい唄声はタンゴ歌手、
メルセデス・シモーネ Mercedes Simone の《Cantando》を思い浮かべます。

50年前、神保町タンゴ喫茶《ミロンガ》にて何度も同曲を聴きました。
中央大の学生さんと結婚し、錦糸町にて店を出した愛子さんの選曲によるものでした。
最近亡くなったと聞きます。

ビートルズが大流行りの時代なのでしょうが、私にはタンゴの世界しか想いはありませんでした。
『思うようにならない、うまくいかない』といった否定的感情に惹かれたのでしょう。

カルロス ディ サルリ Carlos Di Sarli《El ciruja》も聴きました。
さらにドイツ行進曲 旧友《Alte Kameraden》も何回も何回も聴いています。

涙と笑い《 Lagrimas y Sonrisas 》をギターとクラリネットとピアノ(?)古典的三重奏(?)を想い出します。
ホアン ダリエンソ 《Juan D'Arienzo》 による3分ほどの曲です。

70歳を過ぎ、しみじみと『人生は涙と笑いである』と感じています。
 

 

【参考サイト】
さぼうる(神保町)

ミロンガ(神保町)

トラットリア・パッキア(軽井沢)

映画《Uボート》

別れの歌《ムシデン Muss i den》

ティペラリーソング

リナ・ケッティ Rina Ketty 《J'ATTENDRAI 待ちましょう》

Erzherzog Allbrecht Marsch

メルセデス・シモーネ Mercedes Simone 《Cantando》

カルロス ディ サルリ Carlos Di Sarli《El ciruja 》

ドイツ行進曲 旧友《Alte Kameraden》

涙と笑い《 Lagrimas y Sonrisas 》

 

平成30年11月30日(金)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂