ホーム > お知らせ

お知らせ

院長ブログ更新しました。『平成29年10月、手術なし』~開成高校卒業55周年記念祝賀会及び、同山岳部OB会出席、さらに軽井沢へ~(2017年10月31日

~開成高校卒業55周年記念祝賀会出席~
■平成29年10月7日(土)午前外来、午後休診として西日暮里へ。
午後5:00開始とあったが、午後4:00早目に到着。

開成学園では創立150周年事業『開成の未来を創る』として、高校校舎建替え事業を行います。
昭和37年卒だから、その頃の写真のスライド、オークションを開き、前事業への寄付として、
直木賞作家 逢坂 剛(中 浩正)君の受賞作『カディスの赤い星』帯付き・サイン入り初版本、
検事総長 伹木 敬一君の万年筆など。
15分くらいで済ませれば良いのに、延々1時間近くやっている。早く終わらせればいいのに。

親しかった顔、顔は知っているものの名前が出てこない。
朝日新聞の炭田君、大修館書店の志村君、TBSの田沢君らと話す。

田代山、帝釈山脈と一緒に歩いた神原君と、文芸部の松浦君とタクシーにて神保町へ。
《ミロンガ》《ラドリオ》はやっていない。《さぼうる》は満席。
ギャラリー珈琲《古瀬戸》に落ち着く。広く、空いていてゆっくり出来た。
著書『登り道~鳥甲山から産婦人科へ』をきっかけに、いろいろの事が話題となる。
神保町駅から東武線直通、半蔵門線南栗橋行に乗り、午後11:00過ぎ帰る。

~開成山岳部OB会出席~
■平成29年10月28日(土)開成山岳部OB会出席。前回同様、午後休診として西日暮里へ。
午後3:00開始。会長 高橋 務さん、副会長 山田 和夫さんが就任することが決まる。
中学入学時、応援団長だった荒川 清臣さんから、著書を送ってくれと名刺を頂く。後日すぐ発送する。

会終了後、神原君とまたタクシーにて神保町へ。《古瀬戸》にて話す。
中学時代、神原君と一緒に箱根金時山に登った記憶があるが、松浦君も一緒だったといわれるも、全く覚えていない。
途中、携帯電話が鳴り『雨の中受診者が来て、明日来院する』と言う。悪いような、ありがたいような気分。
前回と同じルートにて帰る。やはり午後11:00過ぎとなる。

~さらに軽井沢へ~
■平成29年10月8日(日)午前外来終了後、大宮駅へ。
大宮発14:30、軽井沢着15:22。
連休なので心配したものの自由席座れる。
軽井沢駅は、肩が触れ合うほどではないものの人が多い。
星野のバスを探すも判らない。車多い。
元に戻ると、改札口に《星野ブレストンコート》の看板を持った女子社員がいて聞くと、本日は中軽井沢駅からバスが出るという。
しなの鉄道にて中軽井沢へ。すぐバス見つけ乗車し、星野へ。
夕方山荘に着く。妻と次男その妻、孫3人と薪ストーブにあたる。
ずっと以前から想像していたことが実現出来た。

翌朝、孫3人と一緒に散歩。紅葉のはじまり、良い気温空気だ。
行くあてもなく歩きだす。星野から鶴溜へ。
途中、道に迷い歩いていると中軽井沢に出た。水もない。
《ベルキャビンカフェ&ゲストハウス》を見つける。入店して休む。

約束の午前11:30にスペイン料理店に間に合う。
家族全員にて食事。次男家族は早く帰るという。

《発地》に行ってみたいと言い、妻の運転にて向かう。
途中《ル・ヴァン美術館》を見つけ入る。
《西村 伊作の文化学院》と関係していることが判った。
よく手入れされた庭園をみながらコーヒーをいただく。
東武野田線(最近アーバンパークラインという)南桜井駅に文化学院が広いグラウンドを持ち、陶芸科があり、10年ほど前に閉鎖したことを知っていた。江戸川を渡ると当院のある川間駅だ。
ケーヨーD2軽井沢店にて薪2束求め帰る。

翌日《ハルニレテラス》へ。
《丸山珈琲》は早くからやっていて、コーヒーを飲み、午前10:00からの《トンボの湯》に入浴。
歩いて中軽井沢へ。《ギャラリー桂》土屋 誠さんに著書渡す。
《かぎもとや》にて大ざる注文。すぐ出てくる。
座っているものの、速さは東京の立ち食いそば店と変わらない。前と味は変わらない。
しなの鉄道にて軽井沢へ。

軽井沢発13:55、大宮着14:47。
午後4:00来院の受診者に間に合った。

 

【参考サイト】
開成学園

創立150周年事業『開成の未来を創る』

逢坂剛『カディスの赤い星』

元検事総長 伹木 敬一

ミロンガ

ラドリオ

さぼうる

ギャラリー珈琲《古瀬戸》

著書《登り道-鳥甲山から産婦人科へ》(幻冬舎ルネッサンス新社)

星野ブレストンコート

ベルキャビンカフェ&ゲストハウス

軽井沢 発地エリア

ル・ヴァン美術館

西村 伊作の文化学院

ハルニレテラス

丸山珈琲

トンボの湯

ギャラリー桂

かぎもとや

 

平成29年10月31日(火)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂