ホーム > お知らせ

お知らせ

院長ブログ更新しました。『平成29年3月、妊娠合併巨大子宮筋腫、腹式子宮全摘術1例』~大宮にて医師会のワインを嗜む会出席・彼岸の日、雪の只見に泊る~(2017年3月31日

※①住所 ②年齢、出産回数 ③初診から手術まで ④手術時間など

■腹式子宮全摘術
【症例Ⅰ】

①千葉県野田市
②40歳、既婚、未産婦
③平成29年1月30日(月)近隣医受診。
妊娠している、予定日平成29年9月20日(水)、子宮筋腫2個ある。
その2週間後再診、順調ですと言われる。
夫と相談した結果、人工妊娠中絶することになり、別のレディースクリニック受診。
9週6日、筋腫が子宮の入り口にあり、出血がひどくなり出来ない。他の医療機関探せと言われる。
平成29年2月23日(木)当院受診。
超音波Bスコープ、GS経膣では見えない、経腹にて心拍(+)9週4日、子宮手拳大の倍大と診断。
中絶手術が難しそう。そのまま子宮全摘した方が良いと話す。
平成29年3月3日(金)入院、3月4日(土)人工妊娠中絶術同意書をもらい、手術。
もちろん下腹部正中縦切開。
幸い筋腫は子宮頚部にはなく、大小様々な多発性筋腫。型のごとく子宮全摘出する。
④手術時間38分、出血量100ml。
平成29年3月14日(火)退院。3月26日(日)胸腹部X-Pにて問題ないことを確認する。

 

~大宮にて医師会のワインを嗜む会出席・彼岸の日、雪の只見に泊る~

■平成29年3月26日(日)
午後4:50 東武アーバンパークライン(野田線)大宮駅改札口集合。
歩いてすぐ《とらぬ狸》午後5:00『ワインを嗜む会』開始。
2階の1フロア入って右側に30席ほどの会、左側に当会の8席。
大小さまざまなワイングラス、解説付き、10杯以上飲食。すっかりいい気持になる。
新しくできた急行に初めて乗車でき、酔って話しているうち、もう南桜井。
次の川間にて下車。午後9:00前には帰れた。

■平成29年3月20日(月・春分の日)
午前9:43 快速 春日部発、午後12:49 会津田島着。
連休の朝、上手くひとり座れる。天気はまあまあ良い。
利根川と渡良瀬遊水地の堤の菜の花の黄緑色、鬼怒川温泉周辺の梅の白がきれいだ。
田島から雪。駒止トンネルあたりの雪もそんなに多くない。
宿、季の郷《湯ら里》は50センチぐらいか。

まず《むら湯》につかる。人は1-2人。赤い湯、温まる。《湯ら里》の野天風呂、透明。
午後6:00 夕食。ウィスキー山崎がないといい白州。オン ザ ロック 2杯。
いつもの料理。《お平・おひら》が美味しい。次の機会、2皿頂けないかと話すと、ほかの料理を減らしてやってくれるという。《お平》の美味しさが判るのに、結構な時間がかかった気がする。

春の彼岸、山はまだ雪。
ふと、《法政大学 山岳部歌》の一節『風はなごみて、日は暖かし』を想い出していた。

10年ほど前、大雪の年(会津高原八総の別荘の屋根から雪が落ち若い女性が亡くなった)の同じ時期、
高杖のペンション街を歩いたところ、見慣れた所なのに、全く違う場所に来てしまった感じがした。
これを見て会津高原の別荘は不適。維持管理が大変。夏の涼しさは合格。
ビール会社のコピー《ミュンヘン、札幌、ミルウォーキー》の通り。
そして『別荘は軽井沢以外、意味がない』と納得したことを想い出していた。

■平成29年3月21日(火)
いつもより早く午前9:00 出る。
田島にて《にしんの山椒漬》求め、午前10:49 区間快速 会津田島発、午後2:00過ぎ帰ることが出来た。
川間駅から医院まで雨に濡れる。

 

【参考サイト】
法政大学 山岳部歌

とらぬ狸

深沢温泉《むら湯》

湯ら里《季の湯/郷の湯》

湯ら里《お料理》

お平(おひら)

ミュンヘン、札幌、ミルウォーキー

にしんの山椒漬

 



平成29年3月31日(金)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂