ホーム > お知らせ

お知らせ

院長ブログ更新しました。『平成28年8月、子宮脱手術5例。妊娠16週兼卵巣のう腫手術1例あり。』~益子と会津高原に出かける~(2016年8月31日

※①住所 ②年齢、出産回数 ③初診から手術まで ④手術時間など

■子宮脱手術
【症例Ⅰ】

①東京都足立区
②84歳、経産2回
③10年前に子宮脱気付く。平成28年2月竹の塚レディースクリニック受診ペッサリー入れ、1週間後抜ける。
当院のタウン誌の記事広告を見て、平成28年7月24日(水)初診。完全子宮脱。胸腹部X-P、DIP施行。
平成28年8月5日(金)入院、8月6日(土)手術、8月16日(火)退院。
④股間に手拳大の大きな脱であったが、やりやすい症例。手術時間50分。

■子宮脱手術
【症例Ⅱ】

①群馬県みどり市
②38歳、経産2回
③平成28年6月子宮脱気付き近隣医受診。『子宮脱軽い方だ。』と言われ、ペッサリー入れるも、すぐ抜ける。
夫がパソコンにて当院知り、平成28年7月17日(日)初診。細胞診異常所見ISIL(軽度異形成)。
平成28年7月24日(日)胸腹部X-P、DIP施行。
平成28年8月5日(金)入院、8月6日(土)手術、8月16日(火)退院。
④脱の程度(軽~中)、やりやすい症例。手術時間42分。
摘出物100g、病理組織検査12分割し精査。結果、CIN2、断端は陰性。

■子宮脱手術
【症例Ⅲ】

①茨城県龍ヶ崎市
②63歳、経産3回
③平成27年末子宮脱ひどくなった。近隣大学病院受診。他院紹介してくれると言われる。
当院のタウン誌の記事広告を見て、平成28年5月18日(水)初診。すでに完全子宮脱。
平成28年5月22日(日)胸腹部X-P、DIP施行。
平成28年8月12日(金)入院、8月13日(土)手術、8月23日(火)退院。
④28歳第1子分娩後半年、近隣医にて子宮下垂の手術しているというものの、ほとんど問題なし。手術時間20分。

■子宮脱手術
【症例Ⅳ】

①千葉県野田市
②79歳、経産2回
③70歳時、近隣市立病院にて子宮脱手術済。手術時間15分、3日間入院、泌尿器科という。
73歳時、同市立病院 婦人科受診。ホーリン錠内服させられ、本人治ったという。
平成26年11月同科受診したところ、新しい担当医より『内服を止め、どこかの婦人科にてペッサリー入れてもらいなさい。』と言われたという。
最近気になり、パソコンにて当院知り、平成28年7月27日(水)初診、ほぼ完全脱。
平成28年8月19日(金)入院、8月20日(土)手術、8月21日(日)胸腹部X-P、DIP施行、著変なし。8月30日(火)退院。
④脱の程度(中)、前回手術による変化なし。やりやすい症例。手術時間39分。

■子宮脱手術
【症例Ⅴ】

①東京都東村山市
②45歳、経産1回
③子宮脱3年前気付き、近隣医受診。まだ問題ないと言われる。その後、少ずつ出てきた。
スマートフォンにて当院知り、平成28年8月13日(土)初診、単鉤鉗子にて子宮脱部把持し牽引、外3cm程出る。貧血Hb8.9g/dl。
平成28年8月19日(金)入院、8月20日(土)手術。麻酔下にて診察するも子宮後屈強く大きさ判りにくい。Hbの数字から子宮腺筋症を考える。8月30日(火)退院。
④手術時間53分。出血量220ml、入院中毎日鉄剤注射および内服続け、8月21日(日)Hb8.2g/dl、退院時8月27(土)Hb10.8g/dl。
病理組織検査 Adenomyosis 。

■妊娠16週兼、卵巣のう腫
【症例Ⅵ】

①埼玉県吉川市
②29歳、未産婦
③平成28年5月27日(金)初診。妊娠5週兼、卵巣のう腫、カンジダ膣炎の診断。以後カンジダ治療のため通院。
手術について近隣大学病院を希望していたが、当院にて手術受けたいと言い、術前検査。
平成28年7月10日(日)貧血Hb9.0g/dl、以後、鉄剤注射および内服。
平成28年8月12日(金)入院、8月13日(土)手術、8月23日(火)退院。
④下腹部上方正中縦切開。右卵巣のう腫、妊娠16週でありDouglas窩にのう腫あり出しにくい。100ml吸引し摘出する。やや難。手術時間1時間、出血量307ml。
平成28年8月20日(土)Hb10.9g/dlまで改善される。病理組織検査 Mucinous cystadenoma, benign of the rt ovary。

 

~益子と会津高原に出かける~
平成28年8月2日(火)
黒﨑 邦敏 作陶展、益子焼窯元共販センター《花陶狸個展会場》(大狸横)へ。
車にて出かける。東北道、北関東自動車道から益子へ。
今までの会場から変わり、確かに大狸(全長約10m)の横である。
会場が広くて落ち着かない。作品も少ない。蛙の図柄の四角い中皿1枚求める。
昨年末、銀座の会場にて求めた円と角の小皿を持参し、10皿ずつ作ってもらうこととし、1年後この会場にて受け取ることとなる。
子供たちが通っていた川間の絵画教室《アトリエどんぐり》の夏休みの旅行として、初めて益子を訪れた。
大狸は鮮やかに記憶に残っている。
一泊した宿の夕食時、確かロッテの社員という付添いの父親と話し『産婦人科はどんなものですか?』と聞かれ、『水道管掃除みたいなものですよ。』と答えたら、何となく場が白けた様子になったのを覚えている。30数年前のことである。
軽井沢へ行く途中、信越線 横川駅の《峠の釜めし》の器を《益子焼窯元つかもと》が作っている事もこの時知った。
水戸近くの《うなぎ斉藤》にて昼食。常磐道にて帰路に就く。

平成28年8月15日(月)
9:43 春日部発快速、12:26 会津高原尾瀬口着。少ししてバス発、13:00頃 八総着。
宿の車が迎えに来てくれ《ペンション ロマネスク》に到着。
『昨日まで客がいたが、本日は貴方ひとりです。』と言われる。
いい風が入る。そば畑、白い花がきれいだ。
《白樺の湯》に入り、アストリアホテルに行くと【歓迎 帝京大学、獨協大学】とある。
帝京さんは準硬式野球部初の合宿、田島にて練習し、宿舎として当ホテルを使っていて、昨年からだという。八王子からバスを使い来る。八王子からならば一般的に富士五湖、八ヶ岳あたりではないか。
獨協さんはゼミらしい。
栃木 白鷗大学ラグビー部は、昨年同様合宿している。10年前からだという。
会津高原たかつえ原には、人が惹きつけられる何かがあるのではないか。
例えば、無名の地であるがゆえの静けさ、涼しさ、居心地の良さ、人の優しさ...など。
夕食、じゃがいもの冷製スープ、初めて味わう。水割りスコッチ2杯飲む。よく眠れた。

平成28年8月16日(火)
八総まで送ってもらい、10:00のバスに乗り会津田島へ。
いつもの和泉屋魚店にて《にしんの山椒漬け》、ヨークベニマルにて漬物、駅の売店にて夏野菜求め、帰路に就く。
12:22 会津田島発、春日部乗り換え16:00には帰る。
入院の約束の人が来ていて間に合った。

 

【参考サイト】
黒﨑 邦敏 作陶展

益子焼窯元共販センター《花陶狸個展会場》

信越線 横川駅《峠の釜めし》

益子焼窯元つかもと

水戸《うなぎ斉藤》

ペンションロマネスク

白樺の湯

アストリアホテル(会津高原)

帝京大学 準硬式野球部

獨協大学

白鷗大学ラグビー部

和泉屋魚店

にしんの山椒漬け

ヨークベニマル

 



平成28年8月31日(水)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂

お知らせ
月別のアーカイブ
2020年5月 (1)
2020年4月 (1)
2020年3月 (1)
2020年2月 (1)
2020年1月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (1)
2019年10月 (1)
2019年9月 (1)
2019年8月 (1)
2019年7月 (1)
2019年6月 (1)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (1)
2019年2月 (1)
2019年1月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (1)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年8月 (1)
2018年7月 (1)
2018年6月 (1)
2018年5月 (1)
2018年4月 (1)
2018年3月 (1)
2018年2月 (1)
2018年1月 (2)
2017年12月 (1)
2017年11月 (1)
2017年10月 (1)
2017年9月 (1)
2017年8月 (1)
2017年7月 (1)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (1)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2017年1月 (1)
2016年12月 (2)
2016年11月 (1)
2016年10月 (1)
2016年9月 (2)
2016年8月 (1)
2016年7月 (1)
2016年6月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (2)
2015年12月 (1)
2015年11月 (1)
2015年10月 (1)
2015年9月 (1)
2015年8月 (1)
2015年7月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年2月 (2)
2015年1月 (2)
2014年12月 (2)
2014年11月 (1)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年7月 (1)
2014年6月 (2)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (1)
2014年1月 (3)
2013年12月 (1)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (1)
2013年8月 (2)
2013年7月 (1)
2013年6月 (1)
2013年5月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (1)
2013年2月 (1)
2012年12月 (1)
2012年8月 (1)
2012年5月 (1)
2011年7月 (2)
2011年5月 (1)
2011年4月 (2)