ホーム > お知らせ

お知らせ

院長ブログ更新しました。『平成26年10月 子宮筋腫手術3例(腹式及び膣式子宮全摘術、筋腫核出術各1例)及び子宮脱手術1例、計4例手術する。』 ~開成山岳部OB会総会に卒業後はじめて出席する~(2014年10月31日

●平成26年10月 子宮筋腫手術3例(腹式及び膣式子宮全摘術、筋腫核出術各1例)及び子宮脱手術1例、計4例手術する。
~開成山岳部OB会総会に卒業後はじめて出席する~

※①住所 ②年齢、出産回数 ③初診から手術まで ④手術時間など

■子宮筋腫
【症例Ⅰ】膣式子宮全摘術

①埼玉県松伏市
②40歳、経産3回
③2ヶ月前、下着に何か触れる。パソコンにて当院知り、平成26年9月26日初診。
外陰部に拇指大の腫瘤認め、本人は子宮脱と思ったという。良く見ると、子宮膣部よりの有茎筋腫と診断。
子宮リンゴ大。一見筋腫分娩と思われる症例。
10月3日入院、10月4日膣式子宮全摘術、10月14日退院。10月19日胸腹部単純X-P、DIP施行。
④手術時間24分。摘出物180g。きわめてやりやすい症例。

【症例Ⅱ】腹式子宮全摘術

①埼玉県吉川市
②36歳、未婚、未産婦
③平成12年12月より当院に7回受診。今回平成26年10月21日月経困難症にて受診。
子宮オレンジ大の子宮筋腫と初めて診断。まだ若いし、結婚もしていないのでロキソニンを処方する。
10月22日下腹部痛(+++)という。10月23日再診、家族と同談し、手術してくれという。
10月24日入院、10月25日腹式子宮全摘術。11月4日退院予定。
④手術時間39分。摘出物160g。

【症例Ⅲ】子宮筋腫核出術

①千葉県柏市
②41歳、未婚、未産婦
③平成26年1月、柏市にて検診を受けたところ、内科にて下腹部腫瘤と指摘される。
2月MRI施行、13cmの筋腫の診断。6ヵ月後再診すすめられ、超音波Bスコープを見て、様子を見るよう言われる。
9月19日当院受診。パソコンにて知ったという。子宮手拳大×2の巨大筋腫。
核出術希望し、10月10日入院、10月11日同手術施行。10月21日退院。
④手術時間35分。摘出物680g、その他20g、計700g。明石式双鉤鉗子では滑ってしまい、ミオームボーラー使用。
開院以来3例目ぐらいの症例。出血量216ml、輸血なし。大きいのが1つでやりやすい症例であった。

■子宮脱
【症例Ⅳ】

①千葉県柏市
②71歳、経産3回(2回腹式帝王切開術済)
③平成26年10月15日外陰部がおかしいと気付き、10月17日柏市のレディースクリニック受診、子宮脱の診断。
当院紹介される。同日、当院受診。単鉤鉗子にて子宮膣部握持し牽引、外陰部まであるいは外1cm出る。
10月19日胸腹部単純X-P、DIP施行。
10月24日入院、10月25日子宮脱手術、11月4日退院予定。
④手術時間36分。摘出物80g。前2回の手術による癒着なし、脱の程度軽。
やりにくかったものの、問題なく術進む。

 

■開成山岳部OB会総会に卒業後はじめて出席する。
10月26日(日)午前の外来了えて、午後2時開成学園食堂にて開成山岳部OB会に出席。
30数人の出席者あり。新規開業してから毎年案内のはがきをもらっていたものの出席できず、今回がはじめである。
昭和31年4月開成中学に入学してすぐ、対教育大付属高校とのボートレース(開成レース)の応援に、新1年生が階段教室に集められ、高校2年の団長らに『バカヤロー、コノヤロー…』と気合を入れられ、びっくりした事を想い出す。
その団長が荒井 清臣さん、山岳部員であり、本日出席している。50数年ぶりにお会いできた。
山岳部顧問の宮入九十九先生が9月17日逝去され、荒井さんがお別れの会の司会をされた。
新入生歓迎山行に行ったと思うけれど想い出せない。
夏山は上高地小梨平、焼岳、西穂高岳独標、日活映画『逆光線』を撮影していた。
秋、奥多摩川乗山、獅子口小屋。
夜道を数人で登ってきた高橋 彬さんが、小屋の前にて肉を焚き火により焼いていて、ものすごく美味そうに見えた。
これが自分の食に対する興味のはじまりだった様な気がする。
神田駅、中国料理『好好』の店主であり山岳部の集まりは、いつも同店にて開かれることが多い。
東大のワンダーフォーゲル部の三田 育雄さん、早大同部の塚﨑 義樹さんとも会えました。
校旗を先頭に川口駅から戸田漕艇場まで荒川土手を行進させられた事を鮮明に記憶している。
 

【参考サイト】
■神田 中国料理『好好』
http://r.gnavi.co.jp/r39150ph0000/

■開成レース
http://teiyuukai.exblog.jp/



平成26年10月31日(金)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂