ホーム > 当院の紹介 - 院長紹介 太田八千穂

院長紹介

院長 太田八千穂 写真

院長 太田八千穂
母体保護法指定医(旧優生保護法指定医)

<略 歴>
昭和44年  3月 東京慈恵会医科大学卒業
昭和44年  5月 医師国家試験合格
昭和50年11月 東京慈恵医大医学博士学位受領
昭和57年  2月 東京慈恵医大産婦人科 講師
昭和60年  2月 川間太田産婦人科医院 開院

  • 1)日本では有名な産婦人科医、故・辻啓(つじあきら)先生のもとで、5年にわたって毎週3例の手術を学び、その最新技術を継承しました。特に三回結紮子宮摘出術という「お腹を切らずに子宮筋腫を取る」手法で一躍有名になりました。膣式手術は体への負担を大幅に低減するため、お仕事をお持ちの女性にはお勧めです。
  • 2)遠方からもお越しになられる方や、大病院から移られる方もいらっしゃいます。技術には自信がありますので、私に今後の生活の安定をお任せ下さい。
  • 3)学研より発行されている「行列ができる名医」に膣式手術の名手として掲載されました。
    ドクターズ・ファイル
  • 4)医療情報サイト「ドクターズ・ファイル」に 紹介されました。
    ドクターズ・ファイル
    子宮筋腫について 子宮脱について 人工中絶 初期(5週~11周) 人工中絶 中期(12週~21周)