ホーム > 院長ブログ

院長ブログ

平成28年10月、子宮脱手術2例あり。~日本経済新聞に【東武野田線に特急導入】の記事載る。~

※①住所 ②年齢、出産回数 ③初診から手術まで ④手術時間など

■子宮脱手術
【症例Ⅰ】

①千葉県柏市
②72歳、未婚、未産婦
③平成28年9月13日(火)柏市子宮がん検診にて子宮脱の診断。
当院紹介(いつも紹介してくれる先生)され、平成28年9月28日(水)初診。
未産婦であるにもかかわらず、完全子宮脱。以前、未産婦の症例1例を手術したことがあるが、今回、2例目。
平成28年10月16日(日)胸腹部X-P、DIP施行。
10月21日(金)入院、10月22日(土)手術、11月1日(火)退院予定。
④手術時間36分。

【症例Ⅱ】

①千葉県流山市
②71歳、経産2回
③平成28年3月に入り、何かおかしい。パソコンにて調べ、友人から当院知らせてもらったという。
夫が、30数年前、当院の建設に際し、塗装の下請けに入ったという。当時、本人は西日暮里、夫は王子に住んでいたという。
平成28年3月31日(木)初診。単鉤鉗子にて子宮膣部を握持し牽引、外陰部まで下がる。
平成28年4月24日(日)胸腹部X-P、DIP施行。
10月21日(金)入院、10月22日(土)手術、手術時、ほぼ完全脱。11月1日(火)退院予定。
④手術時間38分。

 

~日本経済新聞に【東武野田線に特急導入】の記事載る~
■平成28年10月28日(金)日本経済新聞 朝刊(千葉・首都圏経済版)に
【東武野田線に特急導入、来春、春日部経由、浅草と結ぶ】の記事載る。

2017年春の新型特急車両【Revaty(リバティ)】の投入に合わせ実施。
【リバティ】は、従来、特急がなかった埼玉県と千葉県を結ぶ野田線(アーバンパークライン)でも運行する。

【リバティ】は東武が26年ぶりに開発した新型特急『500系』の愛称。
来年3月に見込まれるダイヤ改正に合わせ8編成24両を投入する。
東京・浅草から、栃木県の日光線や鬼怒川線、これに接続する福島県の会津鉄道への直通区間、伊勢崎線の館林駅(群馬県館林市)までの区間を走らせる。

野田線にも【リバティ】を導入する。
浅草駅からスカイツリーライン(伊勢崎線)の春日部駅(埼玉県春日部市)を経由し、大宮駅(さいたま市)、野田市駅(千葉県野田市)へとそれぞれ運行する。
大宮駅から運河駅(千葉県流山市)まで埼玉と千葉を直接結ぶ【リバティ】を走らせる。

昭和60年2月1日、当院を野田市岩名2丁目に開院して以来、30数年になるけれども、最も画期的な情報と思われる。
電車の本数が1時間に4本から6本になってから何年経つだろう。つい数年前のことである。

他の電鉄会社に比べ、東武は遅い気もするが、これからは、びっくりするくらいスピードを増す予感がする。

そして、私の休日に出かける、大好きな【会津高原尾瀬口、会津田島】まで短時間で行けるようになる。
もしかしたら、柏始発の【リバティ】が出来、川間駅にて乗車、乗りかえなしに、会津方面へ行けるようになる気がする。

事実、北千住から大宮へ出る場合、今までだと、日暮里あるいは西日暮里にて京浜東北線に乗りかえて行くと思うのだが、
この特急に乗れば、所要時間は半減するのではないか。

川間へも近くなる。
しかし、特急料金はいくらになるのだろうか。

 

【参考サイト】
東武鉄道【Revaty(リバティ)】

マイナビNews【Revaty(リバティ)】

【会津高原尾瀬口】

【会津田島】

 



平成28年10月31日(月)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂