ホーム > 院長ブログ

院長ブログ

平成26年9月 子宮脱手術4例手術し、≪武藤 敏郎君を励ます会≫(開成学園理事長・大和総研理事長)に出席する。

●平成26年9月 子宮脱手術4例手術する。
≪武藤 敏郎君を励ます会≫(開成学園理事長・大和総研理事長)に出席する。

※①住所 ②年齢、出産回数 ③初診から手術まで ④手術時間など

■子宮脱
【症例Ⅰ】

①千葉県柏市
②67歳、経産3回
③平成26年8月21日入浴時おかしいと感じ、翌日22日近隣医受診、子宮下垂の診断、当院紹介される。
8月23日初診。単鉤鉗子にて子宮膣部握持し牽引、外陰部まで出る。9月5日入院、9月6日手術、9月16日退院。
④手術時間48分。子宮の下がりやや悪いものの問題なく術進む。

【症例Ⅱ】

①埼玉県春日部市
②52歳、経産2回
③第2子分娩(38歳)後、4-5年して子宮脱気付くも放置。5年前人間ドッグにてペッサリー入れ漢方内服し、その1年後ペッサリー抜去してそのままにしておく。パソコンにて当院知り、平成26年8月22日初診。既に完全子宮脱。
9月19日入院、9月20日手術、9月30日退院。
④手術時間43分。膣の程度重く、剥離面多く出血も増えるものの問題なく術了える。

【症例Ⅲ】

①茨城県坂東市
②58歳、経産3回
③平成24年に子宮が下がっている感じあり、25年近隣病院受診、子宮脱の診断、ペッサリーすぐ抜ける。
同地に住む友人から当院聞き、平成26年9月11日初診、完全子宮脱。
9月26日入院、9月27日手術、10月8日退院予定。
④手術時間1時間18分。辻先生の術式通り行い、問題なく術進む。術後10日目の10月7日は日が悪いと一日延期希望する。

【症例Ⅳ】

①千葉県我孫子市
②68歳、経産2回
③50歳ごろ子宮脱気付き、60歳ごろ柏市の医療機関にて子宮下垂と言われ手術勧められる。
平成26年5月近隣大学病院にてペッサリー入れる。それからが辛いと言う。
【症例Ⅰ】と同じ先生より紹介され、9月19日初診。1/2或いは完全脱。
9月26日入院、9月27日手術、10月7日退院予定。
④手術時間1時間16分。子宮筋腫合併、摘出物130g

※【症例Ⅲ】【症例Ⅳ】は、札幌東豊病院 理事長 南 邦弘先生と手術する。

 

■『武藤 敏郎君を励ます会』に出席(開成学園理事長・大和総研理事長)
9月27日(土)午後5時~7時、開成学園 食堂において、『武藤 敏郎君を励ます会』が開催された。
昭和37年卒の同期の全6組合同の会である。

南先生も出席するので手術準備しておくように言われ、たまたま子宮脱2例あり、午前10時執刀し出席出来た。
膣式手術において名のある我が恩師 辻 啓先生と札幌医大 明石 勝英教授の術式が見ものである。
辻 先生の『膣断端開放術式』を示した。

武藤君とは中学3年同組であった。彼は、現在、開成学園理事長、大和総研理事長、さらに2020年開催の東京五輪、パラリンピック組織委員会事務総長を務めている。
 

【参考サイト】
■恩師 辻 啓先生の『膣断端開放術式』学術集会履歴
http://jsog-k.jp/journal/lfx-journal_detail-id-13260.htm
http://www.ota-clinic.jp/medical/gynecology/teacher.html

■札幌医大 明石 勝英教授
http://www.sapmed.ac.jp/~gyn-web/outpatient/index.cgi

■『開成学園 公式サイト』
http://www.kaiseigakuen.jp/kaiseihp/hoshin/hoshin.htm

■『大和総研』
http://www.dir.co.jp/corporate/message.html

■『東京五輪 公式サイト』
https://tokyo2020.jp/jp/



平成26年9月30日(火)記
川間太田産婦人科医院
院長 太田 八千穂